動的なもしもドロップシッピングサイトだからデザインはテンプレート式で

動的なもしもドロップシッピングサイトだからデザインはテンプレート式で

ドロップシッピングサイトを作るという目標で始めたこのブログ。やめます。ウソです。ということでちょっと頭の中で煮詰めているのでメモ。テンプレート(テーマとかいうやつ)を使う話し。

テンプレート(テーマ)式とは

WordPressのテーマと言えば解る人には話は早い。ようするにデザインや何をユーザに見せるのかをプログラム本体から切り離して、専用のテンプレート(テーマ)ファイルでデザイン・指定してあげることです。

表示スピードなんかを考えたら回りくどくて古い私のプログラミング理論には反するのですが、もはやスピードよりも利便性を求める時代なのでこれには抗えない。

テンプレート(テーマ)式のメリット

デメリットは上でサラッと述べたのでメリットですが、これがWEBには欠かせない「フレキシブル」という大きな恩恵を受けるわけですね。要は利益を上げるためにユーザビリティとかユーザーエクスペリエンスとかです。どこにナビゲーションを置くか?、その内容は?、階層関係は?、ABテスト?、というやつ。(SEOはめんどくさいし目標としていないので無視…)

プログラム本体を弄らずデザインに関するファイルだけ編集すればいい。とっても素敵。

その難しさ

プログラミング言語「perl」で組むと決めているので、「perl テンプレート」で検索しても小難しい話しや「テンプレート式カレンダー!」みたいなクズ(失礼…)しかかからない。

ゼロから勉強するか? 断る。効率敵じゃ無い。

そもそもテンプレートファイル側でいろいろとやれるって事はプログラム本体側でありとあらゆる要求に対応しなきゃいけないので開発に時間がかかる。それを回避し、自由にやるためにはテンプレート側で決めた変数や関数に対応させる必要がある。そんな腕も無いし面倒だしやりたく無い。

もうちょっと考える

テンプレート式がいいんだけどなー、どうしたもんか。今日はこんな所です。