WordPress化が面倒なWEBデザイナーの為のCMSを作ってみる

WordPress化が面倒なWEBデザイナーの為のCMSを作ってみる

さて「もしもドロップシッピング用システムを作ってみる」としてスタートしたこのブログですが、開発中に「もしもドロップシッピング」がサービス終了という結果に終わったので次の目標を緩く考えてみました。

CMS作ることにした

そもそも名作CGIプログラムであるオンリーワンっぽく組めるシステムをつぎはぎしながら時間をかけて開発してましたが。もうこれほぼ自由自在なCMSなのでオンリーワン自体をカスタマイズしてWEBデザイナーの為のCMSにしちゃおうという方針へ。何故かって?早い話私が仕事で使えるから。

WordPressとか考えたくないWEBデザイナーさんへ

「PHPが苦手」「Wordpress化は別のエンジニアの仕事だし…」ってWEBデザイナーあるあるでしょ。「このページのここを管理ページから変更したい」とか依頼されたら「はぁ、Wordpressかよ…」的な。HTMLとCSSの知識だけで組めてしまうオンリーワンを使えば気分も楽なはず。しかもニュース的に使ったり、コメント投稿出来るブログのように的に使えるほか、このプログラムだけで問い合わせフォームもできる。商品ページだったら追加・削除等も思いのままだ。まぁWEBデザイナーさんが手作業で変更するのなら意味ないが、大抵は「この部分はウチで変更したい」ってクライアントが殆ど。こんな便利なことはないですよ。

高性能なCMSにしてクライアントさんが弄る>レイアウト崩れるとか心配ですよね。ま、それは権限つければ済むんだけど。カテゴリを勝手に追加させないとか、とにかく編集可能な部分はがっちり決めて、それしか編集・追加フォームに項目がないほうがクライアントも迷い無く作業できるってもんです。なにか新しく項目を追加したいと言ってきてら追加料金もらってとか。そっちの方が気が楽というデザイナーさん多いと思う。

さらに付け足すとWordpress等多くのCMSはサーバー側のDBを使うけどこれがまたWEBデザイナーにはちんぷんかんぷん。ちょっと弄って、間違ってデータ全消しとか色々とトラブルになる。サーバー移転とかドメイン変更とか頭を抱えてしまう。

ところがオンリーワンは素のテキストファイルをサーバー上に作っているだけなので例えばサーバー移転などではFTPから抜いてくるだけだ。楽だしテキストエディタで開いて編集できたりする。

やることは色々とありますが頑張ります

もちろんRSSフィードとかはそのままじゃ生成されないけども、そこは色々と工夫してそういうお話しも公開して行けたらなと思う。

ただ、いかんせんオンリーワンはもともと掲示板用のプログラムなので画像アップ機能も無いので色々とカスタマイズは必要だろう。なんか大変そうな予感もする。いや絶対大変だ。よく考えたらせめてUTF-8に対応させないといけないし、あと今時のモジュールで高速化とかもやってみたい。時間かかりそうだな…

一応今のところ決めているのは以上とシステム名がそのまま「trinitips」ということだけ。まぁ頑張って同業の方に喜んでもらえるようなものを作りたいと思ってます。ゆっくり期待せず見てって下さい。では。