Dreamweaverの説明も必要か

Dreamweaverの説明も必要か

さてWordpress等を使用せずにwebデザイナーがちょっとしたcmsを簡単に利用できる様にするってことを目指しているのだが、ページ丸ごとテンプレート式となると色々と面倒が出てくる。そのためDreamweaver覚えておいた方がいいしその説明もこのブログでやっていかなくてはならないと思った。

「ページ丸ごとテンプレート式」だから問題もある

そもそも開発中の(trinitips“トリニティプス”と呼んでいる)CMSは設置にWEBの知識が必要なWordpress等を使わずに絵描きであるWEBデザイナーでも簡単に設置できるようにするためのものだ。特長を簡単にいうと、表示するページは丸ごとhtml+cssで構成された、ただの静的なhtmlページである。上から下まで丸ごとだ。

大雑把に説明する。例えばWordpressなどcmsでは共通のヘッダ(メニューボタン等)はそのヘッダーという共通部分のテンプレート(テーマの一部)を設定する。だからメニューボタンを一つ増やしたい場合はそのテンプレートを一つ編集すればそのテンプレートを利用している全てのページで反映される。正確には各メニューすら管理ページから追加するだけだけれど。それがCMSってやつだ。

デザイナーはシステム的な事を考えたくない

ところがこれを絵描きであるデザイナーでも、となるとWEBページの「構造」までしか勉強したくない。ヘッダーだけ分割して、その下は別のファイルにして…なんて考えたくも無い。もちろん私の経験なので皆が皆そうだとは思わないが、幼少から絵が得意でデザインしたいとやっている人間なら気持ちは理解できるだろう。

「構造」というのは、上にhead部があって、その中にtitleがあって、menuタグでメインメニューを囲って、記事をmainの中に書く。とかそういうことだ。さすがにこれは勉強せざるを得ない。もし本当に絵だけのデザイナーやディレクターだと内部構造が理解できず制作工程やSEO、Eコマースなら単純に売り上げにも影響してしまう。

そしてここまでのページ構成を1セットとして学び、静的にデザイン、コーディングされたファイルをそのままテンプレートとして呼び出してその中の一部を管理ページから編集できるようにしたいのだ。難しい事考えずにローカルPCでそのままブラウジングしてデザイン・レイアウトを確認できる。

共通部分に厄介がでてくる

例えばニュース一覧ページと個別のニュース記事を想像して欲しい。これをtrinitipsで実現しようとすると一覧ページのhtmlテンプレートと個別記事のhtmlテンプレートが必要になる。当然ヘッダー部分は共通な筈だが、別々のテンプレートファイルを指定しているのでヘッダー内のリンクを一つ増やそうとするならば両方のテンプレートファイルを編集・設置・検証しなければならない。

となると、それは逆に不便じゃないか?エラーを起こす原因を増やしているのでリスクではないのか? という厄介毎が急に顔を出す。

何故Dreamweaver等のエディタが必要か

ならばそれを簡単に、一発で両方のページを更新できる様にすればいい。web上でやるんじゃ無くて、ローカルのpcでそれぞれのファイルをDreamweaverのテンプレート機能で編集してしまえばいい。何のことはない。それだけだ。編集が終わったらFTPクライアントソフトでローカルとサーバーの内容を同期すればいいんじゃねーのか?簡単だ。

webデザイナーなら大抵Dreamweaverを使ってる

もちろんそういうことをするアプリケーションは色々あるだろうしDreamweaverに限ったことじゃないだろう。でも多分デザイナーならillustratorやPhotoshop、inDesignなどは持ってるだろうしついでにDreamweaverを入れていて、webデザインではそれを使うって人が多いと思う。だから本サイトでは他のエディターを紹介することはあまりないと思うがあしからず。

今後もDreamweaverカテゴリーで説明する

長くなったが、そう言うことでこのサイトでもDreamweaverの使い方を一部紹介していこうと思う。じゃないとたとえ開発中のCMSで思うところとできたとしても、それを活かすための説明が難しくなってくる。先に記事を書いておかないと…

少しずつ進めてみますね。では。